吉田和人の生い立ちが壮絶すぎた!資産家だが有名なクレーマーだった?

渋谷のホームレス殺人事件の容疑者についての記事を書いていきます。

吉田和人容疑者が犯人だったのですが、飛び降り自殺にて死亡していることがわかりました。

そこで本記事では、吉田和人容疑者の生い立ちなどについて書いていきます。

[post_link id=”5144″]

[post_link id=”5147″]

[post_link id=”5150″]

目次

吉田和人が死亡

〈被告死亡 自殺か〉渋谷バス停・64歳女性ホームレス殺人 “46歳ひきこもり犯人”は「窓から見える景色が僕の全世界なんです」

上記のように、吉田和人容疑者が捕まっていた時に自殺をしたというニュースが流れました。

2020年11月、路上生活をしていた大林三佐子さん(当時64)が渋谷区幡ヶ谷のバス停前で死亡した事件。傷害致死の疑いで逮捕・起訴され、現在保釈中だった吉田和人被告(48)が4月8日、都内で死亡しているのが見つかった。飛び降り自殺と見られ、警視庁が詳しい状況を調べているという。

文春オンライン

2年前に路上生活をしていた大林さんを殴った事件です。

吉田和人の生い立ちが壮絶すぎる!

それでは、吉田和人容疑者の生い立ちについて書いていきます。

今回、吉田和人容疑者はホームレスの女性を殴り、世間からバッシングを受けていましたが、元々はしっかりとした家庭に生まれたようです。

吉田は終戦直後から酒屋を営む地元の名士の家に生まれた。両親は山一證券に勤務していたが、父が脱サラして家業を継いだという。中学を卒業した吉田は20代で就職。しかし仕事は長続きしなかった。一家を知る居酒屋店主が明かす。

文春オンライン

上記文春オンラインからの引用ですが、上記のように家業を継いで働いていたようですね。

吉田和人の生い立ち①資産家の一家に生まれた

一方、容疑者の実家は祖父母の代から酒店を営み、マンションやアパートを所有する資産家。

中学生のときに不登校で引きこもりになったと父親から聞いた。20歳のころに1度は就職したがすぐに辞めて、また引きこもりになった。

週刊女性

上記週刊女性プライムの引用です。

吉田和人容疑者は資産家の一家に生まれ、家業を継いでいたそうです。

吉田和人の生い立ち②引きこもりだった

「中学生のときに不登校で引きこもりになったと父親から聞いた。20歳のころに1度は就職したがすぐに辞めて、また引きこもりになった。

 それがましになったのは数年前に父親が亡くなってから。酒店は10年近く前からほとんど営業してないけど、昔からの常連には配達している。それを手伝うようになったからね」

週刊女性

吉田和人容疑者は引きこもりだったそうですね。

SNSからの情報も遮断していたようで、学生の頃から不登校だったようです。

吉田和人の生い立ち③有名なクレーマーだった

約30平米の部屋で母と2人で暮らしていた吉田は、町内ではクレーマーとして有名だった。

「彼は自分のルールやルーティンを乱されると、急にスイッチが入る。ある日、ガレージにシャッターを取り付けたところ、『勝手に外観を変えないでくれる!? うちの窓から見える景色が僕の全世界なんですよ』と怒鳴りこんできた」(知人)

文春オンライン

上記のように、吉田和人容疑者はクレーマーとして有名だったようです。

自分のルーティンを乱されると、精神が乱れてしまう癖があったようで、スイッチが入る。

このことから、ホームレスの事件においても自分のルーティンを乱されたことによりスイッチが入ったのでしょうか。

まとめ

本記事では、吉田和人容疑者の生い立ちについてまとめました。

[post_link id=”5144″]

[post_link id=”5147″]

[post_link id=”5150″]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる