スポーツ

【2021年最新】横山武史の年収は1億円超え!?獲得賞金がエグすぎるww

2021年10月31日に競馬のG1天皇賞が東京競馬場で行われ、エフフォーリアが勝利しました。

鞍上の横山武史騎手は2週連続のG1制覇となり、史上初の親子3代制覇を成し遂げました。

本記事は、横山騎手の年収はおよそいくらくらいなのか調査しました。

スポンサーリンク

横山武史騎手の年収を調査!

それでは早速、最新の年収(2020年)から記載します。

(※本記事で書かれた年収の情報は、最新情報に基づいていますが、確定の情報ではありません。

賞金や獲得賞といった成績を考慮した上での想定となります。)

 

2020年の年収について

なんと、2020年の年収は

1億67万円

と言われています。

(参考:https://www.nenshuu.net/shoku/jockey/jockey.php?name=%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E6%AD%A6%E5%8F%B2

1億67万円と言われてもパッとしないので騎手の平均年収と比較してみましょう。

中央競馬の騎手の平均年収としては、おおよそ1000万円。

トップクラスになると、1億円以上稼ぎ出すと言われています。

ちなみに横山騎手はまだ22歳。

20代前半で1億円を稼ぎ出すなんて、信じられないくらい才能のある若手の騎手ですよね。

スポンサーリンク

 

2020年の獲得賞金

さらに、2020年の獲得賞金はなんと

20億9879.3万円

です。

 

競馬にはさまざまなレースがありますが、国内最高賞金のジャパンカップで一着を取った場合、1着賞金2億5000万円。

単純計算になりますが、1年でジャパンカップ10回分の賞金を獲得してしまいました。

 

2017年~2019年の年収について

(出典:https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=170861

横山騎手の過去の想定年収をまとめてみました。

2017年・・・2860万円
2018年・・・5277万円
2019年・・・7030万円

です。

順調に年収が上がっていますね。

デビューしたのが2017年なので、デビュー当時から騎手の平均年収を上回っています。

 

まとめ

本日は、横山武史騎手の想定年収についてまとめてみました。

年収については、やはり以前から天才と言われていたに相応しい額です。

騎手は30代後半まで現役が続くと言われていますから、いったい引退までに横山騎手はいくら稼ぐのでしょうか。

今後も横山騎手の活躍に目が離せません。

スポンサーリンク

-スポーツ

© 2021 usio's News Powered by AFFINGER5