【特定】梅川治男が性加害を加えた女優は誰?降板させた女優とは?

4月6日に園子温さんの右腕である梅川治男さんの性加害のニュースが報道されました。

最近映画界隈での性被害を告発する報道が多くありますね。

そこで本記事では、梅川治男さんの情報についてまとめていきます。

[post_link id=”5037″]

目次

梅川治男の性加害疑惑

【映画Pが性的写真要求か 女優証言】 news.yahoo.co.jp/pickup/6423079 映画プロデューサーの梅川治男氏が、女優に性的写真を要求するメールを送っていたと「週刊文春」が報道。同氏は取材に「今回はノーコメントで」。

上記のツイートのように、梅川治男さんが女優に性的写真を要求する連絡をしていたことで話題となっています。

下記画像が、実際に梅川治男さんが被害者の女性に送った画像とされています。

女性の証言によると、トイレで写真を送らないといけない雰囲気になり応じたそうです。

さらに酔いが進んだ梅川氏は、そろそろ終電なので帰りたい旨を伝えるA子さんに、「女優としてやっていきたいなら、もうちょっと飲もう。お付き合いは大事だよ。二軒目、僕がよく行く店があるから」などと言い、帰ることを許そうとしなかった。  それでも帰りたいとA子が訴えると、トイレで性的な写真を撮影して送るように強要したのだった。 「梅川は出口側に座っていて逃げられなかった。本当に嫌でしたが、トイレに行き、自分で撮影して送りました。送らないともっと酷いことをされるのではないかとパニック状態でした」

Yahooニュース

上記のように、女優のA子さんは逃げられなかったと述べています。

また、自分の言うことを聞かない女優には降板を命じることもあったとか。

さらに、梅川氏による女優に対する性加害を巡っては、他の関係者からも、女優を強引にハプニングバーに連れていくなどの多くの証言が寄せられた。  プロデューサーの優越的地位を最大限に利用してもいた。 「女優の自宅までついて行き、性行為を断られると、その女優のキャスティングはすでに決まっていたのに、降板させました」

Yahooニュース

梅川治男が性加害を加えた女優は誰?

それでは、被害を受けた女優は誰なのでしょうか。

今回は、被害を受けた女性は特定はされていません。

しかし、園子温さんの右腕プロデューサーだったことから、園子温さんの映画関連の出演女優だったのではないでしょうか。

このことから、主な出演関係者は下記です。

・夏帆
・満島ひかり
・真野恵里菜
・つぐみ
・馬場ふみか
・広瀬アリス
・高橋メアリージュン
・池田エライザ

などです。

上記の人物は一部ですが、他にも可能性がある人物はいたでしょう。

また、こういった被害が起きるケースというのは女優が新人だったりすることもあるので、もしかするとまだ売れていない女優さんである可能性もあります。

降板させられたのは誰?

また、今回は降板された人もいると言うことです。

「女優の自宅までついて行き、性行為を断られると、その女優のキャスティングはすでに決まっていたのに、降板させました」

上記のようなYahoo!ニュースの一文がありました。

世間の声

Netflix Japanが年に1、2本しか作らない国内実写オリジナル映画。2019年は園子温監督作品「愛なき森で叫べ」で2021年は梅川治男プロデュース作品「彼女」。ずっと言ってきましたが改革が急務だと思います(もうしていればいいのですが)。日本には若い優れた監督やプロデューサーが他にちゃんといます

生き方が顔に出ると言うのは本当なんだなと感じる。次々に暴かれる邦画界の闇。榊英雄、木下ほうか、園子温、梅川治男。顔写真を見ると性犯罪者の顔そのものだ。

まとめ

本記事では、性被害の情報についてまとめました。

[post_link id=”5037″]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる