田口翔の誤送金は山口銀行!銀行口座の通帳記録がヤバい!665円から4640万円に

山口県宇部市で起きた、誤送金持ち逃げ事件。

誤送されたのは山口銀行だと判明しました。

田口翔容疑者の通帳も一緒に調査しましたので、早速みていきましょう。

目次

田口翔の誤送金の出所は山口銀行!

山口銀行 阿武支店

誤送金は山口銀行が振り込んでいます。

給付金の配布は、阿武町役場から山口銀行阿武支店を通じて振り込まれる予定だったそうです。

阿武町役場

これまでは、ベテラン女性職員が担当する仕事だったのが、異動の関係で今年4月に採用されたばかりの新人職員が担当したそうです。

なぜ給付金を誤送してしまったのかを辿ると、振込依頼書というキーワードがでてきました。

新人職員が、振込先の住民リストが入ったフロッピーディスクと町長の決済印が押された振込書を銀行に渡したのですが、その依頼書の記載が間違っていたそうです。

振り込みが完了した段階で、山口銀行の職員がおかしいのではないかと役場に指摘。

ようやくミスが発覚したとのことです。

この一連の流れを見ると、振り込み依頼書を作成した時点で誤りとなっていたのですね。

新人職員ももちろんですが、依頼書を作成した職員や、依頼書のミスに気づけなかった町長、振り込んだ銀行職員にも責任がありそうです。

山口銀行の職員がミスに気が付かなかったら、今頃田口容疑者は逃亡を図り、逮捕は極めて困難だったでしょう。

ネットでも、

「町長が決済印を押す前に確認して、誤載に気づいていればこんなことにはなっていない」

「USBとかじゃなくてフロッピーって…昭和?」

と役場の職員や、管理体制についても批判の声が上がっています。

ちなみに、役場の新人職員についてですが、名前や顔がわかる画像がありました。

本人特定には至っていないものの、この4人の中に該当する職員がいることは間違いないようです。

田口翔の銀行口座の通帳記録がヤバい!

こちらが田口翔容疑者の銀行口座の通帳記録です。

残高を見ると、最初は665円

それが、4月8日に誤送金4630万円と、元々振り込まれる予定の給付金10万円が入金され、一気に4640万円になっています。

ものすごい金額の跳ね上がり方ですよね。

こんな金額を見た田口容疑者も驚いたことでしょう。

しかし、その後のお金の動きを見ると、誤送金が振り込まれた当日に67万円も使っています。

その後も、連日100万円以上が引き出されているのが確認できます。

田口容疑者は、誤送金を全額ネットカジノに使用したと証言していることから、これらのお金はギャンブルに回されたお金と言えるでしょう。

急に大金が振り込まれたら、普通は銀行に問い合わせしますよね。

躊躇なくお金を使った田口容疑者。

普通の人は、そんな行動に出ないと思います。

田口容疑者の悪い面が全面にでてしまった悲劇と言えるでしょう。

 

まとめ

田口容疑者の銀行口座の通帳や、誤送金があった山口銀行についても調査しました。

誤送金を受け取った田口容疑者だけでなく、流してしまった役場や銀行職員にも責任が向くことになるでしょう。

 


あわせて読みたい
田口翔の生い立ちが壮絶!大麻常習犯で卒業文集晒されパチンコ依存症だと暴露
田口翔の生い立ちが壮絶!大麻常習犯で卒業文集晒されパチンコ依存症だと暴露山口県阿武市の給付金を持ち逃げしていた、田口翔容疑者。ついに、警察に捕まってしまいましたね。そんな田口容疑者、生い立ちが壮絶だったそう。調査したので早速みて...

あわせて読みたい
田口翔の勤務先の会社(職場)はコメリ?ホームセンターの勤め先はどこ?
田口翔の勤務先の会社(職場)はコメリ?ホームセンターの勤め先はどこ?山口県阿武町が、誤って振込した給付金4630万円を持ち逃げしていると炎上している、田口翔さん。田口さんが、以前勤めていた職場がホームセンターと噂されていますが、...

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる