杉浦蒼大の学歴が優秀!出身高校はどこで東大の成績は?コロナで単位取れず抗議

東京大学の学生が、新型コロナウイルスに感染して欠席した授業の補講措置がされずに留年したとして、大学側に救済を求めました。

今回は救済措置を求めた東京大学の学生、杉浦蒼大さんについてご紹介致します。

目次

杉浦蒼大の学歴が優秀!

杉浦蒼大さんは東京大学2年生、年齢は19歳ということですが、「学歴が優秀!」と話題になっております。

早速学歴をご紹介致します!

杉浦蒼大の出身高校はどこ?

杉浦蒼大さんは、兵庫県神戸市にある私立、灘高等学校出身です。

偏差値は79で、日本にある高等学校の中で、偏差値ランキングはなんと1位!

超優秀ですね!

杉浦蒼大の東大の成績は?

東大の学生が訴え「コロナ感染で教育受ける権利奪われている」欠席届提出遅れ補講認められず留年 - 社会 : 日刊スポーツ

杉浦蒼大さんは、東京大学理科三類の現在2年生です。

東京大学は文科一類~三類、理科一類~三類と別れており、偏差値は次の通りです。

  • 文科一類:85
  • 文科二類:84
  • 文科三類:84
  • 理科一類:77
  • 理科二類:76
  • 理科三類:83

東京大学の中でも非常に偏差値の高い理科三類に在籍する杉浦蒼大さんは非常に優秀ということがわかりますね。

杉浦蒼大さんは医療ガバナンス学会にも所属しており、福島県の医療現場に度々出向き、日本のコロナ対策の最前線で勉強をしていたということです。

相馬市復興10年ダイジェストという冊子の英語翻訳も担当していたようです。

さらに、国内最大規模のコロナワクチン抗体コホート研究にも参加しています。

まさに「日本をリードする」優秀な学生ですね!

杉浦蒼大はコロナで単位取れず抗議

杉浦蒼大さんは2022年5月17日に新型コロナウイルスに感染し、当日の授業を欠席したということです。

授業を担当する教授は、新型コロナウイルスを含め病欠の場合は授業当日午前11時までに欠席届提出の独自ルールを定めていました。

しかし、杉浦蒼大さんは中等症以上で呼吸困難などの症状があり、提出が遅れたということです。

大学側はこの欠席について補講を認めず、感染を証明するために提出した診断書も受理しませんでした。

杉浦蒼大さんはこの1科目において単位不認定となり、留年することになったとのことです。

そして、杉浦蒼大さんだけではなく、新型コロナの感染により試験を欠席したことで単位を落としたり、留年の可能性があると答えた学生は15人にのぼっているようです。

杉浦蒼大の今後

速報】東大生 コロナ感染で授業欠席、補講受けられず 「留年」決定 「感染学生を助けるため力を貸して」(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース

杉浦蒼大さんは成績が後から変更された疑いもあり、アカデミックハラスメントを受けたとして、弁護士を立てて2022年7月28日付で、東大のハラスメント防止委員会に対し、権利救済を要請しました。

2022年8月10日までの回答を求めているとのことです。

そして、仮に適切な対応が取られない場合には、文部科学省と厚生労働省に行政指導を求めたり、法的措置を講じざるを得ないと考えているようです。

まとめ

今回は杉浦蒼大さんについてご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか。

大学側の今後の対応が気になるところですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる