プーチンは核兵器を日本に使う可能性は?25年前から予言されていた話とは?

ロシアがウクライナに侵攻していることで話題になっています。

本記事ではロシアの大統領プーチンの発言についてまとめていきます。

主に核兵器の話についてまとめます。

目次

プーチンがウクライナに対して核兵器を使う可能性がある?

こんにちは戦場カメラマンの渡部陽一です。ウクライナ情勢。ロシア軍によるウクライナ軍事侵攻から1ヵ月。ロシア軍の戦術に変化。長距離ミサイル多用の市街戦に大量破壊兵器や生物兵器を投入している可能性。ロシアのプーチン大統領はウクライナ停戦協議決裂の場合、核兵器使用を示唆。

上記戦場カメラマンさんのツイートのように、ロシアのプーチン大統領がウクライナに対して核兵器を使う可能性があることを示唆しています。

また、プーチンが暗殺されるとAIが勝手に核爆弾を発射するシステムを構築していることもわかっています。

ウクライナ侵攻によって「核戦争勃発」も現実味を帯びた。前編記事『プーチンが「暗殺」されたら即発射か…ロシア「核報復システム」の危ない実態』では、もしもプーチン大統領が暗殺されれば、「死の手」と呼ばれるシステムがAIによって核ミサイルを発射する可能性を報じた。

Yahooニュース

核兵器の使用は、日本でも使われた過去があり、国民はこれに関して批判が殺到しています。

「日本は被爆国だから核兵器を持ってはいけない」プーチンはこれを聞いて喜んでいます。「日本は被爆国だから、2度と攻撃されないよう核武装する」プーチンはこれを聞いたらやっかいなことになったなと思います。プーチンや金正恩や習近平を喜ばせたいですか、困らせたいですか?

プーチンが核兵器を日本に使う可能性は?

では、この核兵器を日本に使う可能性はあるのでしょうか。

日本はウクライナに対して支援を表明しており、過去に核兵器が落とされた国でもあるのでその可能性があるのか検証します。

発射位置によりますが、日本を狙った場合、探知から着弾まで3分程度しかないと思われます。こうした極超音速ミサイルによる攻撃が、『死の手』のシステムには組み込まれているはずです」  では、「死の手」が作動したら日本はどれほどの大惨事に見舞われるのか。  ある時点で、何者かに急襲されたプーチン大統領の心肺停止が「死の手」に確認され、核報復システムが作動。首都モスクワから東に約1800km離れたウラル地方のコスビンスキー山の地下基地より、一発の通信ロケットが打ち上がる。  この飛翔体が発するシグナルによって、ロシア国内に点在する約300ものICBMに自動発射の指示が下る。時を同じくして、北海道から北東に約500km離れたオホーツク海。深度約450mに潜んでいた原子力潜水艦にもその指令が到達する。

Yahooニュース

上記のニュースのように、まずAIシステムが機能すると北海道から北東約500キロ離れたオホーツク海の潜水艦に司令が到達するそうです。

では、日本のどの都市が「死の手」に狙われているのか。まず間違いないのは首都機能が集中している東京だ。  特に、軍事施設は優先順位が高い。陸・海・空自衛隊の一体的な部隊運用を司る防衛省・統合幕僚監部が設置されている市ヶ谷は格好の標的だ。

Yahooニュース

では落ちるとしたら日本のどこに落ちるのか。

噂されているのは首都圏です。

「市ヶ谷」に標的になる可能性があると言われています。

市ヶ谷には軍事施設があるようで、市ヶ谷に落ちたら首都機能も全て停止になります。

プーチンの核兵器使用は予言されていた?

プーチンの核兵器使用、ウクライナ侵攻は予言されていたとも言われています。

 

ロシアは、なぜウクライナに侵攻したのか。「北大西洋条約機構(NATO)が東に拡大して、ロシアを脅かしたからだ」と答えれば、多くの人が「それは、ロシアの言い分」と思うだろう。その通りなのだが、実は、米国有数の識者たちが長年、唱えてきた分析でもあった。

Yahooニュース

上記のように、アメリカの有識者らの分析があったようです。

その外交官の1人が下記写真のケナンという人物です。

このことから、25年前の予言が当たっているのではないか、と言われています。

世間の声

プーチン氏が 核兵器を使うとすれば 彼が破滅する時で 生きる可能性のある時に 核戦争による死を選ばないと思う ゲリラ戦 ⇒ ロシア体力気力消耗 ⇒ 停戦 となるか? 日本は 軍国化 独裁化を拒絶し 核廃絶や平和維持の スキーム作りをして欲しい

プーチンを追い詰め過ぎるなって言ってる人が居るけど、自殺に等しい核兵器の使用などするものか。この病的なまでに自分のお命お大事野郎が自殺などするものか。プーチンは特攻も殉教もしない。いざとなれば罪を部下になすりつけてどこまでも自分の生存を図るだろう。

まとめ

本記事では、核兵器についてまとめました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる