中井久夫の家族構成!妻(嫁)は誰で子供(息子)はいる?経歴が優秀【神戸大学名誉教授】

8月9日に神戸大学名誉教授の中井久夫さんがお亡くなりになられました。

本記事では、中井久夫さんの情報についてまとめていきます。

目次

中井久夫の訃報【神戸大学名誉教授】

それではまず、中井久夫さんの訃報についてまとめます。

8月8日に中井久夫さんの訃報が報道されました。

精神科医で神戸大名誉教授、中井久夫さん死去 阪神・淡路大震災で精神的ケアに尽力|総合|神戸新聞NEXT

中井久夫さんは、精神科医で神戸大学の名誉教授でもあります。

死因は肺炎で、年齢は88才だったようです。

阪神・淡路大震災の被災者の精神的なケアに尽力し、文筆家としても多くの業績を残した精神科医で神戸大名誉教授、文化功労者の中井久夫(なかい・ひさお)氏が8日午前11時5分、肺炎のため神戸市の介護施設で死去した。88歳。奈良県出身。自宅は神戸市。

神戸新聞

中井久夫の家族構成

では、中井久夫さんの家族構成についてみていきます。

中井久夫さんの家族構成については、詳しいことは現状わかっておりません。

結婚しているのか、独身なのかもわかっておらず子供がいるのかもわかっていません。

しかし、年齢も88歳ですので結婚して子供がいる可能性が高いです。

中井久夫の経歴

それでは、中井さんの経歴についてもまとめます。

  • 京都大医学部を卒業し、東京大などを経て1980年、神戸大医学部教授に就任
  • 95年の阪神・淡路大震災後、被災者の心のケアの必要性を早くから訴え、支援体制の構築や支援者の育成に精力的に取り組む
  • 中井氏が責任者を務めた心理的ケアの拠点が発展する形で、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の研究や治療、相談などに当たる全国初の「兵庫県こころのケアセンター」(神戸市)が2004年に開設
  • 初代センター長に就任した

主な経歴は上記です。

中井久夫さんは、統合失調症研究の第一人者として知られており、とても有名でした。

医師免許を取ったのは1959年であり、1975年には名古屋市立大学精神科の教授に任命されております。

世間の声

精神科医の中井久夫さんがお亡くなりになりました。統合失調症研究の権威で、阪神・淡路大震災後は被災者の心のケアにご尽力されました。文筆家としても知られ、ヴァレリーの翻訳等のお仕事があります。小社では『治療文化論』『私の日本語雑記』をご執筆いただきました。謹んでお悔やみ申し上げます。

中井久夫先生がご逝去の報。いつか、とは思っていましたがやはりショックです。。『こんなとき私はどうしてきたか』を作っているときの話とか思い出すと切りがない。私だけでなく、誰もが「俺の中井久夫」を持っていて、どんな話もカラフルで優しさに満ちていて、切りがない。

まとめ

本記事では、中井久夫さんの情報についてまとめました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる