渡辺忠幸の生い立ちが壮絶!現在は何していて娘はいるの?【町田市立てこもり事件】

2022年7月28日放送の「奇跡体験!アンビリバボー」にて1992年に発生した「町田市立てこもり事件」が紹介されました。

今回は、「町田市立てこもり事件」の犯人、渡辺忠幸についてご紹介致します。

目次

町田市立てこもり事件

平成4年(1992年)東京都町田市トカレフ警察官殺傷犯民家立て籠もり事件 - YouTube

今から30年前の1992年7月にこの事件は起きました。

  • 1992年6月頃、男性を刃物で脅迫し怪我を負わせ現金を強奪したため、強盗致傷容疑で指名手配されていた
  • 神奈川県大和市のホテルから逃げている最中に神奈川県警の捜査員に銃を向け、発砲し、捜査員一人が死亡、もう一人が重症
  • 公園にいた男の子を人質にトラックで逃走し、横浜市にてトラックを乗り捨てて、男の子を解放
  • 女性の車を奪い人質にして逃走しようとしたが、 女性に抵抗されたので、発砲し、女性の右の掌に怪我を負わせた
  • 東京都町田市の閑静な住宅街の民家で夫婦二人を人質に立てこもり、約8時間後に逮捕される

その後、殺人や殺人未遂など、10件以上の罪に問われ、無期懲役の判決が下されました。

渡辺忠幸の生い立ちが壮絶!

町田市立てこもり事件犯人は渡辺忠幸「物腰の低い角刈り男」1992年事件 | ゼニエモンのZブログ

渡辺忠幸は23歳の時に逮捕されましたが、「生い立ちが壮絶!」という情報です。

早速ご紹介致します。

渡辺忠幸の幼少期

3種の家族のシルエット、どれが一番偽の家族に見える? 選んだ答えであなたの深層心理を探る診断テスト(占い) : カラパイア

渡辺忠幸は1歳上の姉と両親の四人暮らしでした。

父親はお酒を飲むと別人のようになり、母親に乱暴することがあったそうです。

渡辺忠幸が母親の前に立ってかばったこともありましたが、あまりにも暴力がひどいので、母親は渡辺忠幸と姉を連れて逃げ出しました。

しかし、アパートを借りても、父親が探し出してやってきて、結局、母親だけが家を出で、渡辺忠幸が小学生の頃に両親が離婚。

姉とともに父親に育てられることとなります。

食事、洗濯、掃除などは父親がやってましたが、お酒が入ってしまうと、1日中、何もしないで飲んでばかりいたとのことです。

父親は自動車整備工でしたが、アルコール依存症になり、治療のため病院に入院することもありました。

そのときは、父親の実家から祖父母がやってきて、食事の世話などをしてくれたとようです。

渡辺忠幸は中学3年ごろ非行に走りましたが、中学を卒業後は建設会社に就職して働いていておりました。

そして、渡辺忠幸が17歳になったとき、父親は病死したとのことです。

渡辺忠幸の結婚後

転職は結婚前後、どちらのタイミングがいい?それぞれのメリットとデメリットを紹介 | 私のキャリチェン

事件起こす2年前1990年3月に渡辺忠幸は同年代の女性と結婚して、女の子も生まれております。

渡辺忠幸の妻によると、結婚当時は朝6時には起きて、まじめに建設関係の仕事をしていたとのことです。

しかし、1990年5月に覚せい剤で逮捕され、執行猶予の判決を受けました。

1990年8月には娘が生まれましたが、その年の暮れごろからだんだん仕事に行かなくなったとのことです。

渡辺忠幸の母親は再婚していましたが、父親の死亡後、子どもが心配になったのか、ときどき会うようになったそうです。

渡辺忠幸は母親、友人、サラ金などから借金して生活しており、1991年3月には住んでいたアパートの家賃も払えない状態に陥りました。

妻や娘を妻の実家に預け、自分は厚木市内の姉のアパートやホテルで寝泊まりするようになりました。

一時は、母親の援助もあって、タクシー運転手になって生活を立て直そうと試みたこともありましたが失敗。

妻や娘を連れ出してホテルを転々とする逃亡生活を続けていましたが、そのうち、娘は食欲不振で体調が思わしくなくなり、再び、妻の実家に預け直しました。

渡辺忠幸の銃を手に入れてからの生活

トカレフTT-33 - Wikipedia

「捕まりそうになった拳銃を使って逃げよう」と考え、1991年7月に暴力団組員から、中国製自動装填式拳銃のトカレフを入手したとのことです。

1991年9月頃、妻が再度覚せい剤を使用をしている可能性で、警察に通報しました。

渡辺忠幸は覚せい剤の所持と使用で、1990年7月、懲役1年6か月、執行猶予4年の判決を受けたとのことです。

その後定職がなく、生活費や遊ぶ金に困っていた渡辺忠幸は、1992年1月に、神奈川県厚木市内で女性を襲って乗用車を盗みました。

また1992年2月にも厚木市内で男性から現金を脅し取ります。

その後、3回も逮捕されそうになり、間一髪のところで逃走。

逃げ回りながらも、1992年6月は相模原市内で乗用車を盗み、この車で男性の車にわざと追突し、現金を脅し取った上、負傷させました。

さらに、同月の6月に平塚市内で追突強盗や駐車中の車の中から金品を盗む車上狙いなどの犯行を重ねました。

渡辺忠幸は現在は何している?

20年近く服役した男性が語る、社会復帰を阻む「刑務所の問題点」 | J-WAVE NEWS

渡辺忠幸は現在53歳で、無期懲役のため、服役中となります。

次の罪名で逮捕されました。

  • 公務執行妨害
  • 殺人
  • 殺人未遂
  • 銃刀法違反
  • 火薬類取締法違反
  • 未成年者略取
  • 逮捕監禁
  • 強盗殺人未遂
  • 暴力行為等処罰法違反
  • 強盗致傷
  • 監禁
  • 強盗
  • 覚せい剤取締法違反
  • 窃盗
  • 恐喝
  • 住居侵入
  • 逮捕監禁致傷

なんと17にも及んでいます。

「警察には捕まりたくない。」と必死に逃げた渡辺忠幸ですが、しばらくは服役が続き、刑務所から仮に出ることができても監視下に置かれ続ける生活となります。

渡辺忠幸は娘がいるの?

人物(女性)のシルエット03 | 無料のAi・PNG白黒シルエットイラスト

生い立ちのところで、妻と娘の話をしましたが、渡辺忠幸には娘がいます。

1990年8月に生まれているので、現在は31歳、そろそろ32歳になります。

娘さんについての情報は他にありません。

1992年7月に事件が起きたので、もうすぐ2歳になる頃に父親が起こした事件。

鮮明な記憶はないかもしれませんが、自分の父親が犯罪者ということで、大変な人生だったのでは?と推測できますよね。

まとめ

今回は、「町田市立てこもり事件」の犯人、渡辺忠幸についてご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか。

日本は銃規制法は厳しく、銃撃事件は稀なことですが、いざ事件が起こると中々対処できないのが課題ですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる