菊池桃子の骨折理由は何?転倒で病気はあった?怪我の内容と番組出演の影響

女優の菊池桃子さん(54歳)が2022年8月4日に仙骨にひびが入る怪我をして、入院したことを公式サイトにて報告しました。

今回は菊池桃子さんの怪我についてご紹介致します。

目次

菊池桃子の骨折理由は何?

菊池桃子、自宅で転倒し仙骨にひびで入院 ラジオ番組など出演見合わせ - サンスポ

菊池桃子さんは、仙骨にひびが入る怪我をしたということで、「骨折?」と言われておりますが、折れてはいないようです。

仙骨とは腰の中央にある背骨の一番下にある逆三角形の形をした骨です。

仙腸関節について|仙骨調整院セイクラムバランス | 仙骨調整院東京世田谷セイクラムバランス【オフィシャルサイト】

仙骨は交通事故といった強い衝撃により折れる可能性もありますが、転倒などの軽い衝撃で外傷を負うケースもあるようです。

菊池桃子の骨折理由は転倒

菊池桃子、自宅で転倒 仙骨ヒビで入院 手術の必要はなし ラジオ2番組は出演見送り : スポーツ報知

菊池桃子さんは、自宅で転倒して仙骨にひびが入ったということです。

「入院加療を要する」との診断で、入院期間は未定、手術は必要な状態ではないとのことです。

菊池桃子は病気があった?

菊池桃子が自宅で転倒、仙骨にひびで入院 ラジオ番組の出演は見送り:中日スポーツ・東京中日スポーツ

菊池桃子さんは今から10年前の2012年、43歳の時に離婚を発表した際、離婚前から「シェーグレン症候群」を患っていたことを明かしました。

難病指定されている「シェーグレン症候群」は別名「乾燥症候群」とも呼ばれ、基本的には40~60歳の中年の女性に多く発症する病気とのことです。

症状としては、目の乾き、口の渇き、人によっては全身性の症状として、関節が痛い、疲れやすいといった症状等があります。

要因は、遺伝的要因、ウイルスなどの感染症も含めた環境要因、ホルモンバランスの乱れなどで、本来体を守るはずの免疫が自分の正常な組織を攻撃する病気とのことです。

さらに、菊池桃子さんは、2020年の年始にも骨折をしております。

その時は膝を微細骨折したということです。

時代物の作品に出演するため、「板にひざを付く」など所作の稽古をしていたところ、ひざに痛みが走ったそうです。

あまりにも痛くて治らないため、病院に行ったところ膝を微細骨折していたことがわかったそうです。

菊池桃子さんは自身の健康について、次のように振り返っておりました。

  • 30代半ば:胃の問題で、バカ食いや大食いができなくなった
  • 40代:四十肩で、夜も眠れないくらい痛い

そして、現在、つまり50代については次のようにコメント。

「本当にムリはできない。ちょっと転んだだけで骨折っていうのがありますから」

出典:スポニチ

今後は家の中でも怪我に気を付けて生活して頂きたいところですね!

菊池桃子の骨折による番組出演の影響

菊池桃子 自宅で転倒、仙骨にヒビが入り入院 手術は必要なし 5日、8日のラジオ番組など出演見合わせ ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

今後の活動については関係各所と確認中とし、中止や延期の場合はHPにて発表するとのことです。

  • 2022年8月5日のTOKYO FM「JUMP UP MELODIES」は出演を見合せました。
  • 2022年8月8日の文化放送「くにまる食堂」のラジオ番組も出演を見合わせるとのことです。

そして、菊池桃子さんの冠番組はどうなるのでしょうか。

冠番組は、毎週土曜午前10時放送の、文化放送「菊池桃子のライオンミュージックサタデー」です。

  • 2022年8月6日放送分は通常通り、事前収録したものを放送しました。
  • 2022年8月13日以降の放送内容は現在検討中のようです。

まとめ

今回は菊池桃子さんの怪我についてご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか。

菊池桃子さんが1日も早く回復することをお祈り致します!

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる