加藤智大の母親は誰で誰で顔画像は?異常なスパルタで父親とも不仲だった?

7月26日に秋葉原無差別殺傷事件で死刑が執行された加藤智大(かとうともひろ)死刑囚。

事件の裏には、加藤死刑囚の家庭環境が大きく関わっていたといいます。

今回は、教育を超え虐待をしていたという加藤死刑囚の母親について調査しました。

目次

加藤智大の母親は誰で顔画像は?

加藤智大死刑囚の母親については、画像や名前など一切明かされていません。

事件後の記者会見では、顔にモザイクがかけられた状態で映っており、素性も不明です。

母親は会見の途中から泣き崩れ、謝罪の言葉を発することはありませんでした。

報道では、母親は事件後に一心不乱になり、精神病院に入院したといいます。

現在、父親が在命ならば68歳ですので、母親もおそらく60代後半でしょう。

加藤智大の母親は異常なスパルタだった!

残虐な事件を起こした加藤死刑囚の人格形成をした要因が、母親の異常な教育姿勢でした。

加藤死刑囚に対する教育は、スパルタを超えて虐待と言われるほどです。

これまでに分かっている母親が加藤死刑囚にとった教育がこちらです。

  • 加藤死刑囚が母親の怒りを買うようなことをすると、薄着のまま外に放り出していた
  • 雪で靴を濡らすと、裸足のまま雪の上に立たせ続けた
  • 加藤死刑囚が泣くと、口にタオルを詰め込み声が出ないようにし、ガムテープでぐるぐる巻きにし屋根裏部屋に放り込んでいた
  • 加藤死刑囚の食事が遅いと、新聞紙に敷き詰めた廊下の上に味噌汁やご飯をばら撒き、そこで食べるように命じた

どれもこれも酷すぎる虐待ですよね。

加藤死刑囚もトラウマを抱えたことでしょう。

母親は加藤死刑囚や弟が高校をに通えなくなり引きこもりの生活を送るようになると、そこで自分の教育が悪かったと認識したそうで、子供たちに謝罪をしたといいます。

加藤智大の母親は父親と不仲だった?

加藤死刑囚の両親は、事件後離婚しています。

離婚理由については断定できませんが、息子が犯した事件が関係していることに間違いはないでしょう。

両親が不仲だったいう噂もありませが、確信できる情報がありません。

離婚後、父親は青森県の実家に、母親は青森市内のアパートでそれぞれ一人暮らしをしているといいます。

2人も、日中もカーテンを開けず暗い部屋に引きこもっているんだそうです。

加藤死刑囚が起こした事件をきっかけに、自身の母親が体調を崩し急死、また事件の6年後には加藤死刑囚の弟も自死しています。

一連の災難に見舞われ、家族が崩壊してしまったのでしょうね。

まとめ

加藤智大死刑囚の母親について調査しました。

教育の度を超えて虐待をしていた母親は、息子の死刑が執行されたことに対し、どのように思っているのでしょうか。

あわせて読みたい
加藤智大の現在と家族構成!母親や父親は誰で弟がいる?かわいそうと同情の声も
加藤智大の現在と家族構成!母親や父親は誰で弟がいる?かわいそうと同情の声も2008年6月に起きた秋葉原無差別殺傷事件の加藤智大死刑囚(かとうともひろ)の刑が26日、東京拘置所で執行されました。今でも忘れられない衝撃的な事件でしたよね。加藤智...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる