事件

【真相】稲美町放火事件の犯人伯父の名前は?犯行の動機は嫉妬だった?

兵庫県加古郡稲美町の木造2階建て一軒家に火事が起きました。

時刻は11月19日午後11時半頃。

焼け落ちた家の一階から2人の子供の遺体が発見されました。

この家に住んでいた子供2人の遺体だと確認されたのです。

そこで、本記事ではこの火災事件の犯人や顔画像、犯行の動機について調査してみました。

スポンサーリンク

兵庫県稲美町岡で起きた火災事件の犯人は誰?新展開を迎えた放火事件!

それでは、早速犯人の結論から記載します。

犯人は、この家に住んでいた伯父。

名前は松尾留与(51歳)です。

こちらが松尾容疑者の中学の卒業アルバムです。

好青年の感じがしていますが、なぜこのような事件が起きたのでしょうか。

松尾容疑者の人物像や犯行の動機についてまとめてみました。

放火事件の概要

2021年11月19日午後23時頃に稲美町岡で木造の住宅で火災が発生しました。

焼け跡からは小学生2人(小学6年生の兄・松尾侑城くん、小学1年生の弟・眞輝くん)の遺体が発見されました。

現場には油のようなものが引かれていたということで、何者かによって放火されたのではないかと、事件を捜査しているようです。

この家には5人(子供2人、両親、伯父)で住んでおり、火災発生時は両親は出かけており無事。

しかしなんと、伯父と連絡が取れていないようなのです。

兵庫県警は現在、伯父が何かを知っていないかと伯父の行方を探しています。

稲見岡町の火災事件が新展開に発展!

そして火災から5日後、事件は急展開を迎えます。

兵庫県警は、この家に同居していた母方の伯父(松尾容疑者)を殺人現住建造物等放火の疑いで逮捕したのです。

「逮捕容疑は19日午後11時31分頃から42分頃までの間、民家を全焼させ、兄弟を殺害したというもの。付近の防犯カメラには、消防に通報が入る直前に現場付近を歩く不審な男が映っており、警察は行方を捜していた。大阪市北区の公園付近で身柄を確保したのは、25日。(留与容疑者は)任意聴取に対し、『(火を付けたことは)間違いありません』と認めたため、逮捕に至った」(社会部記者)

引用:文春オンライン

兵庫県警が、行方が分からなかった伯父の行方を追いかけ、伯父の逮捕に至ったようですね。

それでは、伯父がどのような人物なのか見ていきましょう。

稲美町岡火災事件の犯人伯父はどんな人物?

では、松尾容疑者の情報について書いていきます。

松尾容疑者のプロフィール

まず、現在分かっている情報は下記です。

名前:松尾留与
年齢:51歳
職業;無職

職業は下記の情報から、無職であると考えられます。

旦那さんは留与さんについて『コロナ禍で仕事もなくなり、体調も悪いというので、大阪から連れて帰ってきたんや』なんて言うてました。

引用:文春オンライン

コロナ禍で仕事がなくなった伯父を両親が引き取ったようですね。

松尾容疑者の学生時代

では、松尾容疑者の学生時代の情報について見ていきましょう。

前半でもこちらの画像を載せました。

こちらの写真では坊主にしており、顔をくしゃっとしていますね。

仲の良い友人と写っていると思いますが、はにかんでいる様子が見られますね。

「中学時代は野球部に所属。卒業後、神戸市内の寝装品の製造会社に就職する傍ら、夜間学校に通っていました。その後、地元で衣料品などを扱う工場などで働いた後、大阪市内の会社に勤務。結婚歴はなく、独り身やった」(知人)

引用:文春オンライン

伯父は野球部に所属しており、高校生で就職。

そして、就職しながら夜間学校に通っていたそうです。

そのため、学生時代の家庭としてはあまり裕福ではなかったのではないかと考えられます。

では、なぜ火災事件を起こしてしまったのでしょうか。

スポンサーリンク

稲美町岡火災事件の犯人伯父の犯行の動機は?

松尾容疑者の犯行の動機として1番考えられているのは「嫉妬」の感情です。

コロナ禍で仕事がなくなった松尾容疑者を家族が兵庫県に連れてきました。

仕事がなく、独り身であったことから、松尾容疑者は共同生活が始まると次のような言葉を言ったそうです。

「財産も金も譲る。この土地も譲るから、生活保護を受けて生きていきたい」

引用:文春オンライン

自分が家族の役に立てないことを知り、全ての財産を譲るという条件から生活保護を受けるという希望を家族に出す。

松尾容疑者のせめてもの願望だったのでしょう。

しかも、共同生活が始まってもあまり家族でコミュニケーションを取ることは少なかったそうです。

(留与容疑者は)みずからの将来を悲観した挙げ句、人生そのものをリセットしたかったのではないか。妹一家への嫉妬心と居場所のなさが犯行の引き金になった可能性がある

引用:文春オンライン

昔から自分の人生がうまくいっていなかったため、幸せそうな家族を見て嫉妬の感情が芽生えたのでしょう。

 

燃やされた家は伯父名義?

稲美町岡の火災事件についてこんな情報がありました。

燃やされた家についての名義です。

なんと、燃やされた家の名義は、伯父の名義だったのです。

ということは、そもそも家族の中でしがらみがあったように思えますね。

伯父からしたら、自分名義の家に、勝手に住まれていて幸せそうな家庭がそこにある。

また、土地も譲る、ということはまだそこの土地は松尾容疑者のものだったのかもしれません。

まとめ

本記事では、稲美町岡の火災事件についての容疑者についてまとめて見ました。

容疑者は伯父で、おそらく家族の中で何か問題があったように思えます。

しかし、無垢な子供が巻き込まれるというのは残念なことです。

 

スポンサーリンク

-事件

© 2021 usio's News Powered by AFFINGER5