平塚正幸の生い立ちがヤバい!テロリストやひき逃げで逮捕歴あり?

4月22日発売のFLASHに、政治界の衝撃なニュースが掲載されました。

活動家で国民主権党の党首・平塚正幸(ひらつかまさゆき)氏が、中学2年生の女児を妊娠、出産させたというのです。

一体平塚氏とはどんな人物なのか?

生い立ちを調査しました。

では、早速見ていきましょう。

目次

平塚正幸の生い立ちがヤバい?

平塚正幸氏は明治大学を中退後、2014年1月から社会活動家ユーチューバーとして活動しています。

(2021年6月に、利用規約違反のため本人名義の全てのYouTubeアカウントが削除措置を受けています)

2019年7月に第25回参議院議員通常選挙で「NHKから国民を守る会」の公認候補ながら、同党を批判するアンチの立場で千葉県選挙区に立候補しますが、落選。

2020年2月には、国民主権党を設立します。

2020年7月の東京都知事選に、「コロナはただの風邪」のキャッチコピーで立候補しますが、こちらも落選。

2021年3月に、出身でもある千葉県知事選にも「マスクをは外そう!ワクチン危険」と主張して出馬しますが、またまた落選しています。

「ワクチン危険」と主張する候補者は珍しく、印象に残っている人もいるのではないでしょうか。

そんな平塚氏が、中学2年生の女児を妊娠、出産させたとして大きく報道されています。

相手の女児は、彼の支持者である地方議員の妻の娘だそう。

2人は、2020年に国民主権党が催した葛飾区の花火大会で知り合ったそうです。

女児の父の元地方議員は、法的措置を含めた対応をしています。

まさか、中学生を妊娠、出産させてしまうとは…

しかも、赤ちゃんが生まれたことをTwitterで報告しているんです…!

(現在このツイートは削除されていました)

その後の取材では、

「この赤ちゃんの父親は誰かわからない」

「まだ赤ちゃんに会えていない」

などと、苦しい言い訳もしているそう。

平塚氏の衝撃な生い立ちは、これだけではないんです!

テロリスト行為で逮捕?

「コロナはただの風邪」

「コロナを作ったのはメディアと政府」

などと、平塚氏率いる国民主権党は反ワクチン、反マスクを主張しています。

そんな平塚氏は、2020年12月に、日本医師会館構内で抗議活動を行い、警察の退去要請に従わなかったとして現行犯逮捕されました。

この数日後に、平塚氏の家に警察の自宅捜査が入ります。

平塚氏は「私は何も悪いことはしていません。必ず全ての真実をお話しします」と語っていました。

しかし、この時の家宅捜査は、抗議活動に関するものではなく、中学生の女児に関する件で入ったものだそうです。

平塚氏は、どうやら児童福祉法違反や青少年健全育成条例違反に問われているとみられています。

また、国民主権党は他にも多くの迷惑行為をおこなっていたそうです。

  • マスクを外して密になることを呼びかけた「クラスターフェス」の開催
  • PCR検査を積極的に行おうと呼びかけた都議の自宅に突撃する
  • 閑静な住宅での騒音行為
  • トラブルになった住民に対して「暴力を振るわれた」と言って被害届を提出

どれも政治家が行う行為とは思えないですよね。

「クラスターフェス」と呼ばれるものは、もちろん参加者はマスクなし。

当時渋谷で毎週土曜日に行われていたそうで、フェスが終わった後は参加者全員で山手線を1周するという企画もあったそうです。(もちろんマスクなし)

周りの人からしたら、とんだ迷惑ですよね。

ひき逃げで逮捕?

2021年、平塚氏が岡山県でデモをしていたある日のこと。

デモを終え、岡山県警に「20時以降の騒音は条例違反です。何度も注意しました」

と言われたところ、平塚氏は党員を置き去りにし車に逃げ込んだそう。

車を発進させると、焦っていたのか料金所付近で車を看板にぶつけてしまいます。

ですが、そのまま逃走したそうです。

当時の動画はツイキャスで録画されていましたが、証拠隠滅のためか現在は見ることができません。

動画は見れないものの画像を入手しました。

焦っていたのか、シートベルトをしていないのが確認できます。

ひき逃げではなく、当て逃げだったものの、器物損害に当たるので、されておかしくないですよね。

ピアスや襟の開いたシャツなど、デモをするような格好に見えないところも気になります。

まとめ

国民主権党、平塚正幸氏の生い立ちについて調査しました。

いかがでしたでしょうか。

  • 国民主権党を設立し、都知事選や千葉県知事選に立候補するものの落選している
  • 中学2年生の女児を妊娠、出産させたことが報道された
  • クラスターフェスなどのテロリスト行為をして逮捕された過去がある
  • デモ活動中に当て逃げをするものの逃走していた

政治家のこのような過去がわかると、支持をしたいとは思わないですよね。

落選が続いているのにも納得です。

今回の妊娠、出産の件を含め、これまでの自分の行動を見直し反省してほしいですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる