【実名】ハシモトホームパワハラ課長は誰?前田一行はデマで顔画像は?縁故入社の噂とは

青森県の住宅建築業ハシモトホームに勤務していた男性社員が自殺したのは、上司のパワーハラスメントが原因として、男性の遺族が損害賠償を求める訴えを起こしました。

今回は、パワハラ上司についてご紹介致します。

目次

ハシモトホームパワハラ

ハシモトホーム 青森支店|青森県|相談窓口一覧|LIFE LABEL(ライフレーベル)

住宅建築業ハシモトホームの青森支店に勤務していた40代の男性社員が、2018年2月に重度のうつ病を発症し、自殺しました。

2020年6月20日に、自殺の原因は上司の課長から受けたパワーハラスメントとして、男性の遺族が損害賠償を求める訴えを起こしました。

男性社員は2011年に入社し、注文住宅の営業を担当。

2018年1月に上司の男性課長から次のようなパワハラを受けたとのことです。

  • 「おまえバカか」といった内容のショートメールが複数回送られた。
  • 会社の新年会の余興として、営業成績をたたえた賞状を模した「症状」という書面が渡され、誹謗中傷を受けた。
  • 余興は課長が企画し、「症状」という書面の文面も考案した。

次の画像が、「症状」の書面です。

大した成績を残さず、あーあって感じ」と表彰 青森の会社員自殺 パワハラで提訴 ハシモトホーム社長「不調の原因かは疑問」:東京新聞 TOKYO Web

遺族側の代理人弁護士は謝罪などを求めて会社側と交渉。

2022年6月22日までは、会社側は法的責任はないとしてましたが、6月23日には一転して、謝罪の意を表明しました。

ハシモトホームパワハラ課長は誰?

調べてみましたが、パワハラ課長が誰なのか特定することはできませんでした。

報道されている情報からわかることは、次の内容です。

  • ハシモトホームの青森支店勤務
  • 課長
  • 自殺した男性が2011年入社のため、2011年より前の入社?
  • 自殺した男性が40代ということで、それより年上?

ネットではパワハラ課長について、「前田一行」さんという実名で、特定情報が拡散されています。

前田一行はデマ

一瞬で冷める…男性がガッカリするNG行動7つ | 恋学[Koi-Gaku]

パワハラ課長として前田一行さんの名前があがっておりますが、その情報はデマということです!

前田一行さんは、青森支店の課長ではなく、弘前支店の課長とのことです。

ハシモトホームパワハラ課長の顔画像は?

人物(男性)のシルエット07 | 無料のAi・PNG白黒シルエットイラスト

パワハラ課長が、青森支店勤務の社員ということで、ネットでは青森支店勤務の社員の写真が拡散されています。

この中に該当の人物がいるかどうかはわかりませんが、可能性はありそうですね。

ちなみに、社長の橋下吉徳さんの顔画像はこちらです。

橋本吉徳(ハシモトホーム社長)の経歴プロフィール!会社の評判・口コミはどう?

ハシモトホームパワハラ課長の縁故入社の噂とは

縁故採用とは

次のような書き込みを起源とし、ネットでは、パワハラ課長は縁故入社?とう噂になっております。

hashimotoho-mupawaharakachoutokuteijouhou

「縁故入社の雲隠れよ」とのことです。

このコメントは匿名での書き込みなので、噂話として捉える必要がありあそうです。

ハシモトホームは設立1977年で、青森や岩手、秋田の地に密着して注文住宅や分譲住宅の建築、不動産探しや売却の手伝いをするのが業務内容とのことです。

評判を調べてみると「かなり昭和風の体質を持った会社」という情報です。

最近は友人や家族だからということで、コネで入社する!という話は減ってますが、ひと昔前は当たり前のこととしてあったようです。

昭和の常識が通じる昭和風の体質を持った会社ならば、社長や管理職の家族や友人だからという理由で入社した社員が在籍する可能性も高いですよね。

縁故入社して課長になりましたが、今回パワハラで問題になり、都合が悪いから雲隠れということでしょうか。

社内で悪質なパワハラをしていても、縁故入社ということで、誰も何も言えなくなる風土だったのかもしれません。

まとめ

今回は、パワハラ上司についてご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか。

あまりのパワハラの酷さに、言葉が出ないですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる