安倍晋三の家系図を分かりやすく解説!遺産相続は誰になる?弟と苗字が違うのはなぜ?

安倍晋三元首相(67)が銃撃により亡くなった事件は、全ての日本国民にとって忘れられない出来事となりそうです。

今回は、安倍元首相の家系図について調査しました。

気になる遺産相続についても調べてみたので、早速みていきましょう。

目次

安倍晋三の家系図は?

安倍元首相は政治家の家系で、祖父は総理大臣を務めていました。

家系図はこちらです↓

  • 祖父:岸信介
  • 父親:安倍晋太郎
  • 母親:安倍洋子
  • 兄:安倍寛信(ひろのぶ)
  • 弟:岸信夫(母の実家と養子縁組)

安倍元首相は5人家族で、3人兄弟の次男にあたります。

順に詳しくみていきましょう。

安倍晋三の父親は?

父親は、安倍晋太郎さんです。

東京大学法学部出身で、毎日新聞の記者でした。

外務大臣、自民党幹事長、内閣官房長官などを歴任し、次期総裁とも言われていたそうです。

しかし、膵臓がんのため67歳で亡くなっています。

安倍晋三の母親は?

母親は、安倍洋子さんです。

第56・57代総理大臣岸信介さんの長女でもあります。

安倍晋太郎さんとは、1951年当時22歳の時にお見合い結婚をしています。

“政界のゴットマザー”とも言われていたそうです。

現在は95歳でご健在です。

こうやってみると、安倍元首相は父親の晋太郎さんに似たのですかね。

安倍元首相の面影を感じます。

安倍晋三の祖父は?

祖父は、洋子さんの父親である岸信介さんです。

第56・57代の総理大臣を務めました。

祖父と孫が揃って総理大臣を務めるとは、優秀な家系だったのですね。

安倍晋三の兄は?

兄は安倍寛信さんです。

寛信さんは政治家ではなく、三菱商事パッケージング顧問を務めています。

また、自身の母校でもある成蹊学園の理事にも就任しています。

ウシオ電気社長の長女・幸子さんと結婚し、子供は2人いるそうです。

安倍晋三の弟は?

弟は岸信夫さんです。

政治家で、自民党の衆議院議員。

防衛大臣、外務副大臣などを歴任しています。

岸さんは安倍家に生まれたものの、生後すぐに母親の実家の養子に出されました。

過去に務めていた住友商事で出会った智香子さんと結婚し、子供は息子が2人います。

安倍晋三が弟と苗字が違うのはなぜ?

先ほどもお話ししたように、岸さんの苗字が違うのは、生まれてすぐ岸家と養子縁組しているためです。

なぜ養子に出したのか?

捨てられてしまったの?

と疑問を感じるかもしれませんが、養子に出したのは岸家の血を残すためだったからなのです。

信夫さんが生まれてすぐ、親族の間で話し合いが行われたそう。

母親の洋子さんは岸家の血筋を絶やさないようにすることに関心的でした。

信夫さんを養子に出すことを決断したものの、迷いや後悔もあったそうです。

自分が養子ということに気がついたのは、大学の書類で必要だった戸籍謄本を取りに行ったときなんだとか。

見た瞬間アレって思いました。そのときのショックは、それは大変なものがあった。

と当時を語っています。

確かに、親に何も告げられることなく自分が養子だったことを知ったときのショックは想像がつきません。

安倍晋三の遺産相続は誰になる?

安倍元首相の遺産相続はどうなってしまうのでしょうか。

結論から言うと、昭恵夫人と母親の洋子さんに相続されるでしょう。

まず、安倍元首相の遺産は約2億円とされています。

公表資産は1億104万円です。

しかし、この資産には詳しい株式や預貯金額などが含まれていないため、これらを合わせると2億円は超えると言うことになります。

尚、安倍元首相の11億円とも言われる豪邸は母親名義のため、資産の対象外になるそうです。

次に、安倍元首相と昭恵夫人には子供がいません。

子供がおらず、尚かつ親がご健在の場合の相続割合は

  • 親:3分の1
  • 配偶者:3分の2

となり、すなわち洋子さんが9667万円、昭恵夫人がおおよそ1億333万円となります。

また、洋子さんがご健在なので安倍元首相の兄弟の取り分はゼロです。

相続税金については遺産相続額が1億6000万円までの場合、相続税が0円と法律で決まっています。

そのため、昭恵夫人が相続税の税金を支払う必要はありません。

まとめ

安倍晋三元首相の家系図や相続について調査しました。

安倍家は政治家の多い、優秀な一族なのですね。

安倍元首相のご冥福を心よりお祈りします。


あわせて読みたい
安倍首相のSPは誰で名前は?イケメンと話題で会社はどこ?
安倍首相のSPは誰で名前は?イケメンと話題で会社はどこ?安倍晋三元首相が8日、選挙演説中に銃撃を受け、その後亡くなられました。元首相についていたSPが1人だったことについて、警備体制を疑問視する声も多く耳にします。今...

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる